読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lamia

'drawing follow the feeling'

explanation

f:id:lamialure:20130615003623j:plain
kadru/カドルー
 
ご覧下さっている方々に改めましてご挨拶させて頂くと共にプラグの説明を兼ねて少しお話しをさせて頂きます。
 
私自身、トップウォーターに拘りを持って釣りをしていく中で釣果を意識し過ぎて反応の取りやすいプラグばかりをキャストしてしまう時期がありました。
その結果、釣りの幅が狭まりいつの間にかペンシルベイトはタックルボックスを飾るだけの存在になっていました。
そんな自分に気付き、それから暫くは大好きなビックラッシュやテラーなどシンプルなペンシルベイトだけをタックルボックスに詰め込んで釣りに通いました。
なかなか結果が伴わなず厳しい釣りが続いたけれど、やっとの思いで釣り上げた魚は今でも忘れる事が出来ません。
その後、どうにか二匹目、そして三匹目と釣り進んで行くうちにいつしかペンシルベイトは最も好きなプラグから最も信頼出来るプラグへと変わっていく事になります。
 
ファーストリリースは絶対にペンシルベイトと決めていました。
自分らしいペンシルベイトってなんだろう。
考え抜いた末に目指したのは単純に使いきれるペンシルベイト。
適度なウエイト、シルエット、そしてロッドワークに素直に反応してくれるプラグ。
誰もが頷いて頂けるプラグは今の私の技術では残念ながら作り上げる事が出来ません。
しかし、自分自身が扱いやすく納得出来るアクションがどうにか形になり、最終プロトでは思い出に残る魚を連れてきてくれました。
f:id:lamialure:20130609224557j:plain
使用タックルはミディアムアクションのカーボンロッドにPE+ショックリーダー+スナップ
 
今回、本当に沢山の方々のご協力によってようやくリリースを迎える事が出来ました。
今後もlamia/レイミアのプラグを手にして下さった方々が笑顔になれるように心を込めて製作に励んでまいります。
 
それでは。
広告を非表示にする