読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lamia

'drawing follow the feeling'

after garden

f:id:lamialure:20141204115031j:plain
" lamia garden 2 "

改めましてイベントに参加して下さった皆様お疲れ様でした

実際にユーザー様と触れ合う機会は貴重であり私自身とても意味のあるイベントでした
反響も大きく"アットホームな雰囲気がとても良いですね"と温かい言葉を頂き苦労した甲斐があったなと嬉しくなりました
しかしその反面で操船時の他アングラーへの気遣い等が疎かになっているとのご指摘を頂き主催者としてこの場を借りて深くお詫びしますと共に重く受け止め今後に生かしていきたいと思います

〜 RIP考 〜

先日のイベントにて" swan song "について質問を頂きましたので少しご説明を
f:id:lamialure:20141204120711j:plain
① 私的セッティング

f:id:lamialure:20141204120835j:plain
② リリース時セッティング

f:id:lamialure:20141204120854j:plain
③ リトリーブセッティング


以前に柔らかいピンポイントターンが持ち味と書かせて頂きました
やはり私はアクションさせてターンで誘いたいので①のリップが立ったセッティングで使用しております
①の場合ふわふわとターンが柔らかくなり独特な波紋を生みます
ただあまり立たせ過ぎると高速リトリーブ時ではイレギュラーな泳ぎになる事もあります
私としてはそのイレギュラーな泳ぎも持ち味の一つとしてセッティングしておりますがリトリーブによりバランス良くストレートに誘い水中でもアピールしたいという方は③のようにリップを寝かせて頂けると良いと思います
ただ③のセッティングではターンがやや鈍くなりますので私自身はオススメ致しません
なにぶん手作業の為に個体差はありますがリリース時は②の中間的なセッティングにしております
②がトータルバランスが最も良いセッティングなので出来るだけ②でお使い頂く事をオススメ致します

ぶつけたりしてアクションや泳ぎが変わってしまったという方も参考にして頂ければと思います

※ アルミなので強く曲げたり繰り返し曲げたりすると破損の原因となるので自己責任でよろしくお願い致します


f:id:lamialure:20141204190539j:plain
私自身カテゴライズされるのはあまり好きではないのですが" swan song "はライブリーと解釈される事が多い様です
何故好きじゃないかと言えばライブリーはこうあるべきという固定観念に捉えられてしまいがちだからです

" swan song "は" swan song "でしかないとご理解頂けると嬉しいですね

それでは
広告を非表示にする