lamia

'drawing follow the feeling'

expedition

f:id:lamialure:20150531220927j:image
待ちに待った遠征の日
たった一日半の弾丸ツアー

先ずはご一緒頂いた時田くんに感謝です

弾丸故にゆっくりと風景を楽しむことができなかったのが唯一の心残りではあるのだけれど

そんな訳であまり素敵な写真はありませんが良ければお付き合い下さい

f:id:lamialure:20150531220933j:image
雨マークの付いた週末でしたが結局は2日ともほぼ晴れ(笑)
予想通り反応は薄く、難しい釣りになりました

f:id:lamialure:20150531221204j:image

f:id:lamialure:20150531221213j:image
"torch"

f:id:lamialure:20150531221222j:image
"daughter"

しかしながら、持ってるのか持っていないのかはわからないけれど二人とも、どうにかサカナを手にすることができ、ロクマルとまではいかなかったけれど次回作の"daughter"で50後半の素晴らしいサカナを釣り上げることができました

f:id:lamialure:20150531221233j:image
f:id:lamialure:20150531221243j:image
サカナにも、仲間にも、"lamia"に関わって下さる全てに心より感謝

さて、その"daughter"

誤解を恐れずに言うなら私にとってスタンダードへの挑戦

大好きだったザラ、ザラⅡ、ビッグラッシュやファンキーモンク、そしてテラー

釣ったことはあるけれど得意ではなく、心からの信頼を寄せることはできませんでした
それは自分の未熟さ故にそれぞれの個性を理解する実力がなかったのが要因ではあるのだけれど"daughter"は自分なりの解釈で使い易く、サカナを寄せるチカラを持っているプラグを目指しました

また、ハンドメイドのペンシルというと思い浮かぶのは"plutonium syrup"のpan,polly,dryfish

特に"polly"は私のお気に入り

"plutonium syrup"の杉崎さんは私が本格的にルアービルディングを始める際にいくつものヒントを下さった大切な方
いつか認めてもらえるように自分らしいプラグを作り続けていければと思っています

それも私にとっての挑戦の一つ

f:id:lamialure:20150531221330j:image
それから、今回の釣行には"daughter"での釣果以外にもう一つの目的が

私自身、割と柔軟にオールドから最新のタックルまでを使います
リールに関しまして数年前までコンクエストを、このところは2500c,3500cをメインに使用しています

不意に思い立ち、引っ張りだした5500c
やっぱりbigAは格好良いなと(笑)

先日、お取扱い店である"Slowtaper"の林さんにオーバーホールをして頂き、久々にグリップとグラスロッドを新調
ありがとうございました

そして今回の釣行で使用したのは、実は以前からテストをしていた"lamia"オリジナルロッド

その最終的なテストが目的であり、色々なタックルを試していた最大の理由です

詳細は追い追いお伝え出来ればと思いますが年内のリリースを予定しております
ただ極少数本の生産となりますのでどの様な販売方法が良いのか模索中ではあるところ

しなやかなでプラグを操作する楽しさに溢れていながら今回のようなランカーでも不安なくやりとり出来る素晴らしいロッドに仕上がりました

f:id:lamialure:20150531221435j:image
f:id:lamialure:20150601070839j:image
f:id:lamialure:20150531221831j:image
f:id:lamialure:20150531221731j:image
その他、写真にはないけれど今回の釣行でも活躍した幾つかのプロトもかなり最終的な詰めの段階まで仕上がっています

問題は時間

現在の製作環境では製作に使える時間が限られてしまいます
その中で出来ることは多くはないけれど、一つ一つをしっかりとこなし自分らしい物作りが出来ればと思います

f:id:lamialure:20150531221852j:image
先ずは"daughter"

遠征の思い出を糧に製作頑張りマス!

久々に長くなりましたので
この辺で

thank you my daughter‼︎
広告を非表示にする